マンション査定110番
オウチーノの一括見積りサービスで高額査定!

マンションの査定を出すときは複数の業者に依頼する方法のが常識ですします。
以下のサイトを使うと1社に査定するのと同じ作業で複数の業者に査定することがきます。
⇒ O-uccino(オウチーノ)で一括見積り


マンション査定をする上で最低限覚えておく知識

マンション査定の方法には、「訪問査定」と「簡易査定」があり 値段を左右する「基礎データ」と「不動産の個別性」の2つの視点があることを覚えていてください。この4つの用語はマンション査定をする上で最低限覚えておく必要があります。

・基礎データ
基礎データとは築年数、周辺の他のマンションの売り出し事例や他のマンション売買においてどのように双方の意思が合致して契約が成立したか、またその土地の公示地価などのことで、これによって大まかなマンションの価格が決定します。

・不動産の個別性
不動産の個別性は、マンションの周辺の道路状況や土地の使用状況、最寄り駅やスーパーまでの距離などの周辺環境をさします。言い換えれば「不動産の個別性」とは査定を行う個々のマンションの特色のことです。

・訪問査定
訪問査定とは、担当者が現地を調査した上で価格を決定する方法で基礎データと不動産の個別性の二つの視点から査定を行います。そのため正確な価格を決定することができます。

・簡易査定
簡易査定 とは基礎データのみを参考にして机上価格を算出する方法です。査定に時間はかかりませんが、不動産の個別性が考慮されないため正確な実勢価格とは異なります。

マンションの相場価格を自分で調べる方法

マンションの相場価格を知る方法として、まず不動産のチラシや駅などにおいてある「住宅情報誌」を調べてみる方法があります。近隣のマンションは周辺環境が同じであるため、実勢価格は似たよう価格になります。不動産のチラシに掲載されている近隣のマンションの売買状況を調べることでマンションのおおまかな相場価格をしることができます。

また、「住宅情報誌」の中古マンションの売買状況を調べることによっても同じように大まかな相場価格を知ることができます。二つ目にインターネット上に掲載されている物件情報を調べてみる方法があります。近隣の中古マンションの売買価格を知ることもできますし、築年数や周辺環境が似たようなマンションの売買価格は、自分のマンションの売買価格の目安になります。

その他、インターネットを使ってマンションの相場を調べるには「マンションの一括査定」がオススメです。1社に査定を出すのと同じ手間で、複数社に一括査定することができます。

マンション査定の流れ

査定の方法には「簡易査定」と「訪問査定」の二種類があります。簡易査定とは築年数や周辺のマンションの売り出し事例、成約条件などを考慮して価格を決定する査定です。周辺環境などが考慮されていないため実勢価格と誤差が生じます。「訪問査定」は周辺環境が考慮されるため実勢価格に近い価格となります。

マンション査定の流れとして、まず「簡易査定」を行うのであれば業者に査定の依頼をするだけで、すばやく査定価格を知ることができます。「訪問査定」の場合はそれに加え業者の担当者が現地を訪問、調査した上で査定価格を決定します。この場合でも担当者が現地に到着してから半日もあれば査定は終了します。またこの場合、売却などの流れをその場で担当者に質問できるため、その後のマンション売買を安心して行うことができます。

買取り保障制度とは?

買取り保障制度とは、ある期間をすぎてもマンションが売れないときに販売の仲介をしてくれた不動産会社がその物件を買い取ってくれる制度です。ある期間とは、仲介の不動産会社との間で取り決める仲介期間と呼ばれるもので、普通は3ヵ月〜半年で終了します。なぜこのようなシステムが存在するのかというと、マンションを業者に査定してもらい、そのマンションを売りに出したとしても、すぐには売れないことがあるからです。

買取り保障制度を取り入れていると、その期間内に物件が売れなくても不動産会社が買取ってくれます。マンションの販売を特に急いでいない人はこの制度はあまり必要ありませんが、後に引越しなどを控えている人は必要になってくるでしょう。ただし、一般的に買取り保障制度によって不動産会社に買取られる場合、その買取り価格は査定価格を下回ることに注意してください。

コンテンツ